洪水から子どもたちを守るために小児科医が伝えたいこと



災害への準備が必要な時代

台風、洪水、地震などの自然災害はいつどこでおきるかわかりません。天気予報の精度向上、インターネット・SNSなどによる情報共有により以前よりも早く災害に対する情報を得ることができるようになりました。行政、社会だけでなく、家族でも対策ができることがあります。

この記事ではアメリカ小児科学会のホームページ、”こどもと災害”より洪水への準備、被災後の対応について説明したいと思います。以下参照元のホームページとなります。

Flash Flood/Flood Recovery

洪水への対策

洪水は米国で最も一般的な危険の1つであり、世界中の災害の約30%を占めています。 洪水の頻度は、木々の除去、気候変動、コミュニティの構築、洪水が発生しやすい地域での居住の増加に一部起因しています。
洪水による被害は、重大(死、作物破壊、救助活動の必要性)または軽微(建物への水害、停電、交通遅延)になります。

安全な水と一次医療サービスへのアクセスを確保することは非常に重要です。

また、浸水地域で発生することが知られている流行しやすい病気を検出するための監視と早期警告も重要です。蚊は、水たまりの中や周りに卵を産むのが好きです。 これは蚊が媒介する感染症について大きな関心事となります。 家族と、家の中や周りの物から水を取り除くことの重要性について話しあいましょう。

家族との会話を始める

小児科医は、家族、子供、コミュニティとの会話で災害への備えを促す中心的な役割を果たします。 洪水などの状況に備えて家族と会話をするようにしましょう。

注意報、警報の違いをまず理解しましょう(日本では避難の必要性など具体的な指示が報道されているので、自治体の案内の指示に従いましょう)。鉄砲水はアメリカで起きる気象災害で最も多くの死者を出しています。

アメリカの連邦緊急事態管理局は、洪水に備えて次の安全性のヒントを提供しています。これは、小児科医が家族に伝える良い情報です。

  1. 戻れ、おぼれるな!(Turn around, Don`t drown)*これはアメリカでよく見かける標語で、冠水している部分は思いがけず深く、おぼれることがある。だから戻れなのです。
  2. 洪水の中を歩いたり運転したりしないでください。 わずか15センチ深さの水流があなたを倒し、60センチ深さの水流は車を押し流します。
  3. 鉄砲水が発生する可能性がある場合は、すぐに高台に移動してください。
  4. 洪水であなたの車の周りの水位が増えてきても、水が流れていないなら車を捨てて高台に移動します。 車から出て、流れている水に入らないでください。
  5. 大雨の間は、小川、川、小川沿いのキャンプや駐車を避けてください。 これらの領域は、ほとんど警告なしにすぐに水があふれることがあります。

すべての年齢の子供たち、特に運転を学んでいる思春期の若者や若い成人の子供たちと一緒にこの情報を確認することを親に思い出させることが重要です。

鉄砲水

鉄砲水は特に危険であり、豪雨、高潮、またはダムや堤防が崩れたときに警告なしに発生する可能性があります。

鉄砲水での死亡者のほとんどは、通常、水を渡って歩いたり、車を運転している人に起きています。 急速に移動する水によってもたらされる危険はしばしば認識されません。

1ガロン(3.7リットル)の水は8ポンド(3.6キログラム)の重量があります。 数百ガロンの突進水が数千ポンドの力に相当します。 大人と子供は簡単に流される、激流が車を運び去り、乗客を閉じ込めることがあります。

災害に対する特別な健康管理が必要な子どもたちへの準備する際には、追加の考慮事項を考慮する必要があります。

洪水後の対応

洪水復旧

子どもたちは、洪水や暴風雨などの自然災害の後に発生する可能性のある環境ハザードに対して特に脆弱です。

子どもたちは、有毒な暴露が深刻な負の影響を与える可能性がある発達の重要な時期にあります。

また彼らの探索行動によって大人が避けるであろう物質に直接触れることにもなります。

子どもたち、そして可能であれば10代の若者は、清掃活動に関与すべきではないですし、その地域が清掃された後に帰るべきです。

清掃の取り組み

彼らの安全と保護を確保するために、すべての年齢の子どもたちは、災害中および災害後に直接管理されるべきです。 清掃作業に関与する大人は、子供が次の問題によってどのように影響を受けるかを考慮する必要があります。

  • 居住性-主要な問題には、飲料水と廃水処理施設の修復、安全な道路状況、固形廃棄物と残骸の除去、洪水被害を受けた住宅の交換または改修が含まれます。 給水施設および家屋がも、石油製品(燃料油または灯油)、家庭用化学物質、およびカビで汚染される可能性があります。
  • 危険な浄化・清掃–洪水の汚染は、清掃に参加している人々に危険をもたらします。 ゴム製のブーツと手袋を着用し、開いた傷口や擦り傷を保護する必要があります。 特に食品または食品容器を取り扱う場合は、手を頻繁に洗う必要があります。
  • 飲料水の汚染–飲料水は、沸騰および/または塩素処理によって消毒するか、代替のきれいな水供給(ボトル入り水など)を特定し、手に入れるできるようにする必要があります。
  • 食品汚染–汚染されている可能性のある食品は廃棄する必要があります。 食器および内面(特に食品の調理に使用されるもの)は、洗浄して消毒する必要があります。
  • 学校と屋外の遊び場-子供が帰る前に、これらの場所は、すべてのおもちゃ、衣類などと一緒に掃除し、消毒する必要があります。容易に消毒できない材料は廃棄する必要があります。

一般に、子どもたちは洪水やその他の災害の影響を受けた地域に戻る最後の一人になるべきです。

公衆衛生当局と小児科医は、子供たちが帰ってくる環境がいつ安全かを共同で判断して発表することが奨励されます。

まとめ

災害後の片づけの様子はメディアで取り上げられ、映像を目にすることも多くなりました。子どもにとってこの”片付け”は危険性を伴っています。二次的な被害を最小限に抑えることも大切ですので、子ども目線の対応を考えることも必要かと思います。

洪水の影響を受けた地域への子どもの帰還に関して アメリカ小児科学会からの推奨

2019年10月29日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です