赤ちゃんの頭の形で悩んでませんか?予防法、治療法を解説します。



赤ちゃんんの頭のゆがみ(頭位性斜頭)

外力によって頭の形が変形した状態のことです。最も変形が多いのは生まれてから3か月のころで、この時期は多くの時間を寝て過ごすからです。左右、中央の後頭部が平坦になります。脳の発達に影響しない範囲であれば、見た目の問題だけです。

斜頭はどの程度の頻度で認められるか

日本では「自然に治る」などと考えられているため、統計として十分に調べられてはいないようです。そのため発症率は不明です。海外では1/60人や1/100人など様々な報告があります。

原因はなにがあるのか

斜頭症はSIDS予防のためにあおむけで寝ることが推奨されてから増加しているともいわれています。頭に継続して外力がくわわることが原因です。他の原因としては以下のようなことがあげられます。

  • 多胎や初産に関連した子宮内環境の制限(圧迫される)
  • 早産児(保育器内での期間が長い)
  • 斜頸(片方しか向けない)
  • 遅い運動能力の発達(首すわりができると自分で頭の向きを変えることができる)

頭の形が悪化するのを予防するには

あおむけで過ごす時間が多ければ多いほど、頭がい骨のかたちは悪化するかもしれません。Tummy Time(腹ばいの時間)を設けることで、あおむけの時間を減らすことができます。以下にTummy Timeのためのヒントをあげます

・おむつ替えのあとなどのきめたタイミングで、腹ばいの時間を少しでもつくる

・赤ちゃんがいやがらないように、親が赤ちゃんの近く、同じ目線にたつ

・うつぶせの赤ちゃんの胸のところに、巻いたタオルを置いて腹ばいの姿勢をたすける。首すわりがまだなら顎を支えてあげる

・色鮮やかなおもちゃや、鏡など赤ちゃんの興味のわくものを前において腹ばいで前を向いた姿勢になるよう促す

タミータイム(Tummy Time tools)で予防

Tummy Timeをうまく過ごすための資料を紹介します。これはアトランタ チルドレンズ ヘルスケアが作成しているのですが、英語とともに日本語でも作られています。写真もあるため、とてもわかりやすい内容です。

Children’s Healthcare of Atlanta

https://www.choa.org/medical-services/orthopaedics/orthotics-and-prosthetics/tummy-time-tools

診断方法

頭を真上からみて、どの部分が平らになっているか診察をします。専門の施設では画像をもちいてより詳しく頭の形を評価することもできます。必要があれば、X線検査やCT検査を行いますが、通常の頭位性斜頭であれば必要はないでしょう。頭蓋骨癒合症などほかの病気が原因で斜頭となることもあります。最終的な診断は専門の病院、医師に確認しましょう。

ほとんどが外見的な問題のため、治療することになると思います。発達や認知機能、学力への影響を調べた論文もありますが、必ずしも因果関係があるとまではいえていません。

日本で矯正用ヘルメットによる治療を行うには

日本でも矯正用ヘルメットによる治療はできますが、今のところ自費診療(36万円)になります。もちろん、何らかの病気が原因で頭がい骨の変形が起き、治療の必要性があるば違うと思います。AHS Japangが海外でも使用されているスターバンドという矯正用ヘルメットを扱っています。治療開始には診断、計測などが必要になりますので、医療機関受診が必要です。同サイトに医療機関も掲載されています。

スターバンドを着用した様子

starband公式ページより引用

AHS Japan こちらよりスターバンドの説明、実際に治療された方の体験が紹介されています。

提携医療機関/フォローアップ施設 こちらで病院を調べることができます。

治療の時期と効果

生後5-6か月よりも前

最も治療効果があります。上記のように姿勢をみなおすことだけでも改善しますし、矯正用ヘルメットによる治療も同様に効果的です。

生後5-6か月

姿勢を変えるだけでは効果は不十分です。矯正用ヘルメットによる治療がもっとも効果的な年齢といえます。

生後12か月以上

姿勢だけでは改善は期待できず、ヘルメットによる効果も少なくなってきます。

まとめ

頭のかたちを変えるためにできることは、日常でもあります。まずはそれを試すことがいいと思います。また程度によっては積極的な治療も選択肢として考えていいでしょう。日本ではまだあまり普及しているとはいえませんので、興味のあるかた、心配な方は専門施設を受診してください。

参考資料(英語)

BC Children’s Hospitalの「A Clinician’s Guide to Positional Plagiocephaly」より

http://www.bcchildrens.ca/

http://www.bcchildrens.ca/neurosciences-site/Documents/BCCH034PlagiocephalyCliniciansGuideWeb1.pdf

Children’s Healthcare of Atlanta

以下のサイトから日本語の資料をダウンロードできます。

https://www.choa.org/medical-services/orthopaedics/orthotics-and-prosthetics/tummy-time-tools

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です