2歳児の発達チェック、自宅でもできるチェックポイントを解説

2歳の発達



日本には2歳児健診はない

お子さんが2歳になったときに、どの程度のことができるか知っていますか?

今までであれば、節目の年齢では乳幼児健診がありましたが、日本には2歳児健診はありません。

もちろん希望すればかかりつけ医が評価してくれますが、自費になります。

 

この記事ではアメリカのメディカルチェックアップ(健診)の情報と、日本で作られた資料をあわせて、自宅でもできるチェックの方法を説明します。

アメリカの健診はとても細かい

アメリカの健診はとても細かく設定されています。

生後2,4,6,9,12ヶ月、1歳半、その後は年1回ずつ健診がかかりつけ医で行われます。

 

日本は4ヶ月、1歳半、3歳健診は無料で、すべての子どもが受けることができます。

それでは日本にない2歳でのポイントを解説します。

アメリカの健診のポイント

この記事はジョンズホプキンス病院の情報を参考に説明します。

Your Child’s Checkup:2 Years(24 Months)

トイトレ

この時期はトイレについての関心が強くなります。両親や兄弟がトイレにいくことに興味をもちます。

自分で下着をぬぐこともできるようになるので、トイレで排泄したいと感じるようになります。

オムツが濡れたり、汚れていることを教えてくれたり、排泄を予告するようになります。

睡眠

2歳児は昼寝もふくめて、1日に11〜14時間ほど寝るようになります。

十分な睡眠がとれているのか確認しましょう。

発達障害のスクリーニング

発達障、とくに自閉症のスクリーニング検査を行うことは有効です。

自宅でもできる方法はこちらの記事でも解説しています。

子どもの自閉症スペクトラムをチェックリストM-CHATで調べる方法

子どもの自閉症スペクトラムをチェックリストM-CHATで調べる方法

2020年10月19日

気になるかたは、試してみてください。

言葉の発達

単語数が増えます。英語では50語と書いていますが、日本語では300語以上との報告もあります。

そして2語文を話すことがとても大事です。たとえば「わんわん きた」というような文章です。

2段階の命令にしたがうことができます。たとえば「ボールをとって、もってきてください」

運動の発達

子どもと階段

うまく走れるようになり、ボールをけることができます。

階段も1段ずつ登れますし、降りることもできます。

線や円を、マネしてかくこともできます。

社会性

他の子どもに興味をもつようになって、一緒にあそぶことができます。

今までは親と一緒に過ごしていましたが、親と離れてあそぶこともできるようになります。

予防接種の確認

2歳までに行う予防接種がもれていないかチェックします。

日本で使える発達の資料

日本の資料としては「遠城寺式発達検査」「日本版デンバー式発達スクリーニング検査」があります。

これらの検査は、経験のあるひとがただしく使う必要があります。

しかし、どちらも年齢ごとに達成されるであろう項目がかかれています。だいたいの目安として使う分には問題ないので、お子さんの年齢と比較してみるとよいでしょう。

発達が気になったら?

気になることをほったらかしにしておくと、最悪1年以上必要な介入がおこなわれないままになります。

気になることがあれば、かかりつけ医に相談するようにしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です