赤ちゃんの指しゃぶり、あなたが考えるよりも早くからはじまっているのを知っていますか?



指しゃぶりは赤ちゃんらしい行動のひとつです。気がついたころには自然とはじめていることが多いですが、いつからはじまっているのでしょうか?

この記事では指しゃぶりのはじまり、その意味について解説します

胎児期

実は子どもの指しゃぶりが始まるのは、まだ生まれる前の胎児のころからです。

妊娠14週ごろから口に手をもっていき、妊娠24週頃には指をすうようになります。

実際に胎児エコーで指しゃぶりの行動をみることもできますし、生まれたときにすでに吸いだこがあったとの報告もあります。

新生児期

新生児のころは自然と口にふれたものに吸い付く反射があります。このおかげで、子どもはおっぱいに吸い付くことができるのです。

しかし、この時期はまだ自分の指をすうことはできません。

これは非対称性頸緊張反射という反射があるからです。この反射は頭を向けたほうの腕をのばしてしまいます。つまり右をむいたときには、右手は伸ばしてしまうので、自分のゆびは遠くになっていまいます。

非対称性頸緊張反射の消失とともに、ようやく自分で指しゃぶりできるようになるのです。

乳幼児期

一般的にいわれている指しゃぶりがはじまるのは、生後2−4ヶ月ごろになります。口のそばにきた指や、ものを吸います。

そして5−6ヶ月ごろになると手を伸ばして物をつかみ、なんでも口にするようになります。これは眼と手を協力させて動かすことを勉強するための行動です。

それと同時に、物のかたち、味、硬さなどの性状を学んでいきます。

おしゃぶりをはじめる時期

このように指しゃぶりを始めるじきから、おしゃぶりを使うようになることもはじまります。

おしゃぶり使用経験者の70%近くが、生後0−3ヶ月ごろにおしゃぶりを開始していました。

おしゃぶりに関しては、賛否両論ありますので、別の記事にまとめたいと思います。

参考資料

指しゃぶりについての考え方 小児科と小児歯科の保険検討委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です