他の子よりも背が低い?子どもの低身長で注目すべき4つのポイント



お子さんの背が低いと思ったら、このポイントに注意

成長するにつれて、お友だちとお子さんの身長差が気になることあるとおもいます。

「うちの子だけ小さい?」

「兄弟とくらべて小さい?」

そう思ったときはまず以下のポイントをチェックしましょう。

・生まれたときの身長、体重はどうでしたか?

出生時の体重は生まれた時の週数(在胎週数から)身長・体重によってはSGA性低身長症の場合があります。

SGAとはsmall for gestational ageを意味します。

出生児体重および身長がともに在胎週数相当の10パーセンタイル未満の状態と定義されています。

私はできるだけ出産後退院するときや、1か月健診で説明するようにしています。

慌てることはありませんので、身長の経過をかかりつけ医とみていきましょう。

・母子手帳の成長曲線に記録しましょう。

どのような成長をしているのかを確認しましょう。

子どもの体格は急に変わることはありません。

小さい子は小さいなりに成長しますし、

大きい子はやっぱり大きいです。

成長曲線に沿っているか確認しましょう。

・生活を見直してみましょう。

成長には栄養だけでなく睡眠も大切です。

栄養が十分にとれているか?普通に食事をとっていれば大丈夫です。

睡眠はとれているか、とくに夜更かししていなか見直しましょう。

・ご家族の身長はどうですか?何かホルモンの病気の方はいませんか?

低身長になる病気はたくさんありますが、遺伝子に関連するものもあります。

家族や親戚のかたで、同じように背がひくい人はいませんか?

ホルモンの病気の人も気になるようなら主治医へ伝えてください。

いつ受診したらいいの?

3歳健診がよいチャンスです。
この年ぐらいから成長に影響がでてきますし、健診で必ず小児科医にあいます。

そのほかでは、幼稚園や保育園で身長をはかることはあるでしょう。
記録をつづけて、きになったらかかりつけ医に相談しましょう。

これだけはやってはダメ

背が伸びると評している健康食品、サプリメントありますが、効果はありません。

このことは小児内分泌学会も注意喚起していますので以下のリンクを参照してください。
「身長を伸ばす効果がある」と宣伝されているサプリメント等に関する学会の見解(2013年3月29日公表)
まとめると

・カルシウム、鉄、ビタミンDを含んだサプリメントに成長促進効果はない
・成長ホルモンの分泌を促進するといわれている物質を含むサプリメントの効果は明らかでない。
・成長ホルモンを含むスプレーは治療に使用されるものより成長ホルモン濃度は低い

治療は誰でもできるの?

低身長の治療は、注射による成長ホルモンの投与のみです。

この治療薬には治療適応がきびしく決められており、背がひくいだけで治療はできません。

・正常下限以下の体重であり

・専門病院で負荷試験を受けて、成長ホルモンの分泌が不十分と診断された

この場合のみです。

こまかい数値は主治医に確認してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です